華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror

豪奢な装飾が半球体の世界を取り囲む、ロココスタイルのコンベックスミラー。



コンベックスミラーとは凸面鏡のこと。


その歴史は古く、少なくとも15世紀にはヨーロッパにおいて使用されていました。

印象的なインテリアとしても効果的に使用され、たとえばマントルピースの上などに掛けられることもよくあったようです。


独特のな映り方をするせいでしょうか、コンベックスミラーにはいろいろな名前で呼ばれています。

Fish Eye Mirror「魚眼ミラー」。
Banker's Eye「銀行家の眼」。
そしてフランスでは”oeil de sorciere”「魔女の眼」。


今回ご紹介するコンベックスミラーは、英国で買い付けたもの。

製作は1940年代頃と思われます。

周囲をめぐるのは、ロココ・スタイルを彷彿とさせる豊かなスクロール。一部が透かし彫りになっており、奥行きと繊細さを感じさせます。

内側には生命の象徴、アカンサスの葉が豪奢に表現されたレリーフがさらに回っており、二段構えの装飾がコンベックスミラーの不思議な映りこみをさらに際立たせているようです。


周囲のフレームは木のベースに、石膏で象ったディテール、そして金彩を施した伝統的な手法。豪華で本格的な仕様は、壁にかければ周囲の景色と光を取り込み、圧倒的な存在感を放ちます。


人間の眼を超えた、不思議な世界。
映しだされたものは現実なのか、架空なのか。

是非ご自身の眼でお確かめください。


こちらからも拡大画像をご確認いただけます。

◆England
◆推定製造年代:c.1940年代
◆素材:木・ガラス・紙・その他
◆サイズ:直径約41.5cm 奥行き約2.5cm
◆重量:約1.4kg
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*背面には金色の紙が貼られており、一部に書き込みがみられます。
*背面の吊り金具とチェーンは、英国買い付け当時のままです。現在のところ、問題なく吊ることができます。
*ミラーには、若干の錆や曇り、小傷がみられます。
*フレームには若干のアタリ、汚れ、塗装の剥げ、材の離れ、割れ等がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*古いお品物ですので、上記のような事象がみられますが、全体としてはとても雰囲気ある素敵なお品物だと思います。ご了承の上、お求めください。
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror
  • 華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror

華麗な金彩をもつ魔女の瞳 / Vintage Rococo Style Giltwood Convex Mirror

517-137

0円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
8月7日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム

**ご来場有難うございました**

8月21日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

9月11日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

9月25日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は開始が8:30とオフィシャルサイトに表記されていますが、9時かもしれません。8:30から9時くらいが開始時間かな、とおおまかにとらえてください。現実的には車出店者は既に8:30頃には準備が整っていることが多く、手持ち出店者は準備中のことが多いです。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、16時には完全撤収が求められています。14:15頃には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。