華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror

英国アンティーク、とても珍しい小さな小さなコンベックスミラー。




コンベックスミラーとは凸面鏡のこと。

その歴史は古く、少なくとも15世紀にはヨーロッパにおいて使用されていました。

初期フランドル派の画家、Jan van Eyck/ヤン・ファン・エイクによるArnolfini Portrait/アルノルフィーニ夫妻像(1434年)に
このコンベックスミラーが描かれており、これが絵画に描かれたもっとも古いコンベックスミラーであるといわれています。


不思議な映り方をするせいでしょうか、コンベックスミラーにはいろいろな名前で呼ばれています。

Fish Eye Mirror「魚眼ミラー」。
Banker's Eye「銀行家の眼」。

そしてフランスでは”oeil de sorciere”「魔女の眼」。



大きなコンベックスミラーはとてもインパクトがあり、お部屋の雰囲気を一気に変える力をもっています。



今回ご紹介するのは、珍しく小さな、そして装飾豊かなコンベックスミラーです。

まあるい凸面鏡の周りには、金彩が施された美しいフレーム。
外周には釣鐘草、トップとボトムにはネオクラシカル様式時代から人気のモチーフである可憐なリボンが施されています。

背面には小さな金具が埋め込まれています。
自重は200gほどですので、気軽に壁にかけることができるのではないでしょうか。

独特の存在感で、小粒ながらも空間のスパイスのような働きをしてくれる、小粋な装飾品となってくれることは間違いありません。


掌ほどの球形の世界に映りこむ不思議な空間をお愉しみください。



こちらからも拡大画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:1930年代
◆素材:木・金属・ガラス・その他
◆サイズ:幅約11.5cm 奥行き約2.5cm 高さ約17cm
◆重量:約203g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。


  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror
  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror
  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror
  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror
  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror
  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror
  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror
  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror
  • 華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror

華麗な装飾に囲まれた掌ほどの球形の世界 /Antique Gilt Frme Small Convex Mirror

517-197

0円(内税)

購入数