英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY

英国王室属領、ジャージー島のシンボルをもつヴィンテージ・ステッキ。



ジャージー。

この言葉からなにを連想されますか?

伸縮性のある服地のこと?
うす茶色の体毛と優しい眼をした牛のこと?

どちらも正解で、どちらも英国最南端の島に由来しています。




伸縮性のある服地の「ジャージー」は、ジャージー島で古くから用いられた漁民用衣類の布地に由来しています。
またジャージー牛とはジャージー島原産の小型の乳牛のこと。乳汁は脂肪が多くバター製造に適しており、現在はホルスタイン程ではありませんが世界中で広く飼われている種類です。



このジャージー島、正式には「ジャージー代官管轄区 /Bailiwick of Jersey」はイギリス海峡のチャンネル諸島のうち、ジャージー島のほかマンキエ諸島やエクレウ諸島などにより構成される英国王室属領のこと。


英国王室属領?



これは日本でいう都道府県的な英国の州(ちょっと違いますけど)のどこにも属さず、さらに「United Kingdom」にも属さない、英国王室の属領として位置づけられた特別な区域のこと。しいて言えば、例えば八丈島が日本には属さないけど天王陛下が直接治めてる、という感覚でしょうか?(違うかもしれません)日本の感覚ではとても説明しきれない立場の区域です。


ここでやや話がそれますが、英国の呼び方(というか区分け?)がいろいろあることはご存知でしょうか。


・イングランド
・スコットランド
・ウェールズ
・北アイルランド
・イングランド、スコットランド、ウェールズがあるブリテン島をさすとき「ブリテン/Britain」もしくは「グレートブリテン」。
・全てを含める時「ユナイテッドキングダム /United Kingdom」。

ちなみに「ユナイテッドキングダム」の正式な国名は日本語では「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」となります。

さらにジブラルタルやバミューダ諸島などの海外領土を含めると「コモンウェルスオブネーションズ/Commonwealth of Nations」。
これは一般的に日本では「イギリス連邦」とよばれています。


例えば、ネッシーがいるネス湖があるのはスコットランドですので「イングランドにあるネス湖」というのは間違い。
例えば、北アイルランドに手紙を出すとき、国名に「グレート・ブリテン」とするのは間違い。

そしてイングランドの人に、フットボールの試合で「スコットランドが勝ってよかったね」などと言おうものなら「ん?関係ないし」という反応が返ってくるのは間違いないでしょう。彼らにとってそれぞれは、ほぼ違う国のような感覚なのです。



外国人からするとなんとも難しく、日本で一般的な「イギリス」がとても不自然なように感じます。
そのため、当店では基本的に日本語で表すときは「英国」としております。


・・・話が長くなりました。



英国の人々が、そんな状態で暮らしているのであれば、たとえジャージー島のような特別な区域があったとしても、問題なく受け入れてしまう・・・ということなのかもしれない、という事が言いたかったのです。



ということでジャージー島。
英国王室の属領で、高度な自治権をもち、独自の議会や当局を持っています。税制も異なりますので、ジャージー島は「タックスヘイブン」としても有名。英国の法律なども及ばず、なんと1813年から自前の通貨すら発行しております。
もちろん英国のポンドも使えますが、ジャージーのお金は英国本土では使用できない、という制限付き。

ジャージーの貨幣制度の特徴としては、シリングが貨幣単位であり、当初は1ペニーは1/13シリングと表示されました。コインのデザインとしては表面にビクトリア女王の肖像、裏面に3頭のライオンを描いた盾というのが殆どのコインに採用されており、シンプルですが非常に美しいデザインのコインとなっています。



…やっと今回ご紹介するステッキをご説明できます。

ステッキのグリップには、そのジャージーコイン(もしくはそれを模したもの)が埋め込まれています。単位は1/12 Shilling (シリング)。1シリング=12ペンスなので、1/12シリングとは1ペニーのこととなります。100ペンス(ペニーの複数形)で1ポンドです。

グリップの材はシルバーのようではありますが、ホールマークは確認できませんでした。

また、シャフトは斑模様が美しい木材。材名は定かではありませんが、ウォールナットあたりかもしれません。
深い艶をもつダークな木材は格調を感じさせ、グリップのシルバーカラーとのコントラストが目を惹きます。
ジャージーコインの赤と青が差し色となって、全体に印象深い、他にはない存在感をもつステッキとなっております。

おそらく、20世紀中ごろのジャージー島で製造されたであろうステッキ。
買い付けはイングランドでしたので、島のお土産物として、イングランドの紳士が買い求めたのかもしれません。



英国の複雑な歴史やお国事情を背景に、さりげなくしたたかに続いている特別な場所、ジャージー島。
その象徴を手に握る時、貴方にもその力の源が与えられるような気持になることでしょう。





こちら
からも拡大画像をご確認いただけます。


◆JERSEY
◆推定製造年代:c.1930-1950年代頃
◆素材:木・金属
◆サイズ:長さ約85.7cm 直径約3.5cm
◆重量:257g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • 英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY
  • 英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY
  • 英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY
  • 英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY
  • 英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY
  • 英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY
  • 英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY
  • 英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY

英国王室属領からの贈り物 / Vintage Walking Stick from STATES OF JERSEY

718-287

0円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
5月11日土曜日
大江戸骨董市
有楽町国際フォーラム

**ご来店有難うございました**


5月19日日曜日
大江戸骨董市
有楽町国際フォーラム

**ご来店有難うございました**


6月16日日曜日
大江戸骨董市(出店確定)
有楽町国際フォーラム
9:00-15:30頃
(雨天中止・もしくは早期終了)



6月30日日曜日
大江戸骨董市(仮)
有楽町国際フォーラム
9:00-15:30頃
(雨天中止・もしくは早期終了)



【ご注意】
(仮)は混雑状況により出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、規約により15時過ぎには撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。