探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER


英国アンティーク、感光紙式露出計。



ちょっと面白い物をご紹介いたします。


渋い紙箱に入った小さなダイヤル型の機器。
沢山の説明書とともに、英国のアンティークフェアで手に入れました。

名前は「BEE METER/ビーメーター」。

日本語では「感光紙式露出計」。
ダイヤル面の下に小さな丸窓があり、その半分はグレーに塗られています。
あとの半分がくりぬかれており、奥に在る感光紙がみえるようになっています。

光にあてて、その部分の色が何秒で隣のグレーと同じ色になるか、でカメラの露出を決める、というもの。
ダイヤル面は回転するようになっていて、廻すと新しい感光紙部分をだすことができます。

現状、ダイヤル面を廻して新しい感光紙部分を出すことは可能ですが、色が変わるものの、かなり時間がかかります。
おそらく感光紙自体が古くなってしまって、きちんと働かないのではないかと思われます。


製造はWatkins/ワトキンス。
Herefordに生まれたAlfred Watkinsにより、1890年にパテントがとられた製品です。


1910年のロバート・スコットの南極探検隊に同行した写真家、Herbert George Ponting/ハーバート・ジョージ・ポンティングが、「ビーメーターが無ければ、良い写真を撮ることは不可能だったろう」と、発言したことから、とても有名になり商業上の成功をおさめました。


現在ではとてもとても実用には適しませんが、少しでも良い写真を撮るために・・・と開発し、使用してきた先達の想いが詰まった、歴史的小品であることは、間違いないような気がいたします。




古いカメラを愛する方へ。
ディスプレイに映える記念碑的小道具として・・・いかがでしょうか。



参考(英語版)BBC A HISTORY OF THE WORLD [Alfred Watkins' Bee Meter]
http://www.bbc.co.uk/ahistoryoftheworld/objects/J7gYX-1oR_-6ret4S32tVA


こちらからも拡大画像をご確認いただけます。


◆England
◆Watkins
◆推定製造年代:c.1900-1930年代頃
◆素材:紙・金属等
◆外箱サイズ:幅約6.9cm 奥行き約9cm 高さ約2.2cm
◆本体サイズ:直径約4.3cm(つまみ含まず)厚み約0.9cm
◆本体重量:35g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*現状、計測は出来ません。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。


  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER
  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER
  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER
  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER
  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER
  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER
  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER
  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER
  • 探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER

探検家が南極で写真を撮るために / Antique Watkins BEE METER

619-180

0円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
4月3-4日(金土)
東京アンティークグランデ
有楽町交通会館12階

**残念ながら中止となりました**

4月12日日曜日
有楽町国際フォーラム
大江戸骨董市

**残念ながら中止となりました**


4月25-26日(土日)
OLD NEW MARKET in 日本橋
日本橋コレド室町裏
ちょうちん通り
出店確定
(雨天中止)


【ご案内】
5月の出店につきましては現在のところ複数予定がございますが、もう少し状況がわかってからの表示とさせていただきます。