より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass

英国アンティーク、コディントン拡大鏡。





ちょっと珍しい拡大鏡を手に入れました。



Coddington Magnifying Glass/コディントン拡大鏡。



この名前をはじめて聞く方も多いかと思います。
特徴はレンズの厚さと倍率の高さ。


レンズは1枚もので両面が半球状になっており、外からはわかりませんが、厚み部分に溝がきられております。
この溝により、レンズを通る光を絞ることによって球面収差を出来るだけ抑える・・・というのが、コディントン拡大鏡の特徴。


通常の拡大鏡は5倍くらいがせいぜいといわれていますが、コディントン拡大鏡は10倍から20倍の倍率を持つことが可能となります。



もともとは、1812年に英国の化学者、William Hyde Wollaston が、それまでの拡大鏡の改善を目指して、半球状の2枚のレンズを組み合わせたのが始まりといわれています。
その後、科学者のSir David Brewsterが、その2枚のレンズの隙間にある屈折率の透明なものを挟み込むと、より精度があがることを発見。
そして、1枚の厚いガラスの塊から、その形にレンズを削り出すことをはじめます。
1829年、 Henry Coddingtonがその発明の所有権を買収。そして機能をさらに進化させたことにより、このタイプの拡大鏡は「Coddington Magnifying Glass/コディントン拡大鏡」と呼ばれるようになります。


そんな歴史をもつコディントン拡大鏡。


拡大鏡としてのご使用はもちろんですが、抜群の存在感で置いておくだけでもとても絵になります。
通常の拡大鏡よりもはるかに厚みがございますので、レンズを垂直に立てて置いておくことも可能。

例えば、貴方の大切なコレクションの棚の傍らに、そっとディスプレイしておくのはいかがでしょう。

より深い考察を暗示するアイコンとなってくれるかもしれません。



美しく機能的な英国アンティークの小さな逸品です。





こちらからも拡大画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:c.1880年代頃
◆素材:真鍮・ガラス・木
◆サイズ:全体長さ約15.8cm 拡大鏡部分直径約4.7cm 厚み約3.6cm
◆重量:172g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、歪み、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。


  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass
  • より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass

より深い考察を暗示するアイコン / Antique Coddington Magnifying Glass

719-290

0円(内税)

購入数