汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch "Hermine"

フランスヴィンテージ、オコジョのブローチ。




オコジョ(フランス語ではHermine/エルミーヌ)はフランス・ブルターニュ公の紋章。

14世紀後半からブルターニュ公の紋章の動物となったオコジョにはこんな伝説があります。



アンヌ・ド・ブルターニュ(ブルターニュ女公1488-1514)が狩猟に出かけたとき、真っ白い毛に覆われたオコジョをみかけます。

周りにはオコジョを狩ろうとする男たちがおり、追い込まれたオコジョは、泥沼を渡りながら毛皮を汚すよりも、むしろ正面から立ち向かうことを選んだといいます。
このエピソードは、アンヌ公女のモットー"Potius mori quam foedari"(汚れるよりはむしろ死を)にインスピレーションを与えたとされ、後にブルターニュの紋章となった・・・というもの。
(諸説あります)



そんなオコジョが中央におかれ、上には王冠が配された円形のブローチ。
オコジョの周囲は透けた細工で囲われ、繊細な雰囲気を纏っています。

背面の留め具はフランスでよく見かけるトロンボーン式(もしくは鉄砲式とも)クラスプ。
現状はしっかり稼働しております。


また、裏には以下の文字がみられます。

ATAO FEAL

これはブルトン(ブルターニュ)語で「常に誠実」という意味。
同名の刻印がおされたアクセサリーがフランスアンティーク市場で散見されますので、おそらくブルターニュにあった工房名、もしくはブランド名と思われます。

刻印などはみられませんが、仕上げはおそらくシルバープレート(銀メッキ)と思われます。




控えめな光ながらも、個性的な意匠は存在感を放ち、こだわりを感じさせます。
遠いブルターニュの心意気を感じる、稀有なひとしな。
是非お手元にいかがでしょうか。




こちらからも拡大画像をご確認いただけます。


◆France
◆推定製造年代:c.1930-1950年代頃
◆素材:(おそらく)銀メッキ
◆サイズ:直径約3.5cm
◆重量:8g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆や変色、歪み等がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。



  • 汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch
  • 汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch
  • 汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch
  • 汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch
  • 汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch
  • 汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch
  • 汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch
  • 汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch

汚れるよりはむしろ死を/ Antique Silver Plated Brooch "Hermine"

719-014

0円(内税)

購入数