筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand

英国アンティーク・ヴィクトリア時代のペンスタンド。



ヴィクトリア時代、そしてその後のエドワーディアンの初めころまでは、このようなペンスタンドが多く作られた時代でありました。

万年筆が製品化されたのは大体19世紀後半、一般に普及しだしたのは20世紀初めですので、ヴィクトリア時代はまだまだつけペンの時代。

様々なペン先のペンを傷つけずに並べておくことは、大切なことだったのです。

そしてそれが美しくディスプレイされている、ということは、こだわりをもつ紳士にとっては必要不可欠だったことでしょう。
ペン用のスタンドも、様々なデザインに凝ったり、素材がシルバーだったり、インク壺がセットされたりしたものを見ることが出来ます。




さて、今回ご紹介するペンスタンドの仕様をよく見てみましょう。

構造としてはいたってシンプル。
巧みな形に抜いた真鍮プレートを2枚並べ、間を二本のロッドでつないだ、ただそれだけ。

目玉はやはり真鍮プレートの意匠でしょう。
モチーフはくるくるとカーブした花の蕾。
枝分かれした先がそれぞれペンを支えるパーツとなっています。
上部先端や脚部分も、エンドはくるりとカーブして終わっており、典雅な雰囲気を漂わせます。
一部分が透かし彫りになっているのも、より手が込んでおり、作り手のこだわりを感じさせます。

つけペンはもちろん、通常の鉛筆や現代日本の一般的なボールペンなど、様々なタイプの筆記具を上手に受け止めてくれます。
シンプルなつくりではありますが、製造年代は古く、ヴィクトリア時代後半と推測いたします。



いまや仕事にPCは欠かせませんが、まだまだアナログな筆記具を使って行いたい、いえ、行わなければならない仕事も多いはず。

日々使うボールペン。
細く削り上げた鉛筆。
絶妙に手の力を反映するつけペン。
実は使い勝手の広い面相筆。
並べて嬉しい色鉛筆。


等々・・・。

ご参考までに、私の手元の実際に使っている筆記具を並べてみました。
一番上は三角スケール(筆記具ではないですが)。一番下は30年近く使っているシャープペン。ブルーの1本は夢のような消せるボールペン。
PCメインの仕事でも、やっぱり細々とした物は必要でございます。


アナログだからこそ便利にこまごまと置ける、愛用の品々のための特別な居場所。



英国の古いペンスタンドが、貴方のお仕事の一助となれますことを願っております。





こちらからも拡大画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:c.1880-1890年代頃
◆素材:真鍮・他
◆サイズ:幅約11.5cm 奥行き約11.5cm 高さ約11.5cm
◆重量:251g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*乗せられるペンは5本までとなります。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand
  • 筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand

筆記具のための特別な居場所 /Antique Victorian Brass Display Pen Stand

619-287

18,000円(内税)

購入数