ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer

英国アンティーク、キャンドルスナッファー。




キャンドルスナッファーとは、ろうそくの火を消すための道具。



厳密にいえば、「Candle Snuffer」とは大きく2つの形状があります。


ひとつめは、ハサミ状で刃の部分に小さな箱がついているもの。
灯のともっているキャンドルの芯をハサミの要領でカットし消し、カットした芯は小箱に入り、次は新しい芯に火を灯すことができる、という仕掛け。
この仕掛けを考案したのは(パテントをとったのは)1776年英国にてChristopher Pinchbeckが行っています。


ふたつめが、長い柄の先にドーム状のものがついているもの。
灯のともっているキャンドルの先にぱかっとかぶせ、酸欠状態にして火を消します。こちらのほうは「candle extinguisher」「douter」などとも呼ばれます。
おそらくこちらのほうが歴史は古く、始まりははっきりしません。


息を吹きかけて消すと、煤がとんだりしがちであるところですが、このような道具を使えばそっと静かに火を消すことができます。
キャンドルが日々の暮らしに根付いている国だからこそ、ある道具といえるでしょう。





さて、今回ご紹介するのは前者のタイプのキャンドルスナッファー。
このタイプは「Candle Wick Snips」や「Candle Trimmer」とも呼ばれます。(「wick」は芯、「snips」は切り取り、の意味)
手に入れたのは英国のアンティークマーケット、ディーラーによれば「ジョージアン」の品物、とのこと。



実はドーム状の被せるタイプのスナッファーは何度か扱ったことがあり、そのたびにキャンドルを消してみて愉しんで(実験して)いるのですが、このタイプを手にするのは初めて。

さて、本当に実用に使えるのでしょうか?
結論から言うと、「火を消すのは簡単、だけど芯を綺麗に切るのは難しい」です。


使っているところを動画でアップいたしましたので、よろしければご覧ください。




構造的に鋏ほど刃は立っておりませんし、鋏ほど刃が重なる部分もありません。
このお品物でいえば、箱部分の前半分くらいしか刃が重ならず、その部分をうまく使ってタイミングよく行えば、芯が切れることもあった・・・と申し上げておきます。
そして一回切れば、周りは蝋がついてしまって、その都度取り除く必要がありました。(私のやり方が下手なのかもしれません)


そして、今回使用したキャンドルは、芯が比較的太い、海外の蜜蝋のキャンドルです。
芯には様々なタイプがありますし、よく考えれば、現代日本のキャンドルと約200年前の英国のキャンドルとでは、だいぶクオリティが違うのではないでしょうか。
ちなみに先端の鋭い部分は、芯を溶けた蝋に押し込んで消したり、逆に芯を引き上げるための形状となっています。
本体に3本脚がついていて、ぱっと持ち上げられるところも嬉しいポイントです。


そして、箱の蓋部分をよく見れば、王冠のようなマークと「PATENT」の文字がみえます。
メーカー名などは特定できませんでしたが、Christopher Pinchbeckがパテントをとったのが1776年ですので、それ以降のお品物あることがわかります。
このようなフォルムの鉄製のキャンドルスナッファーはジョージアンのものが多く、ヴィクトリアンに入ってくるとシルバープレーテッドやシルバーで装飾が施されたものをみるようになります。
以上のことから、推定年代は1780-1830年代頃とさせていただきました。



遥か遠い時代の英国から来た、鋏にも似たろうそく火消し。
用の美を体現したような姿は、明かりに照らされてできる影がまた美しく、思わず見とれてしまいそう。


古い道具の歴史を愉しみつつ(芯を切ることにそれほどこだわらず)キャンドルの火を消すことを、愉しんでいただければ・・・と思います。




こちらからも拡大画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:c.1780-1830年代頃
◆素材:鉄
◆サイズ:全長約16.2cm
◆重量:94g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆や変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*動作につきましては説明文をご参照ください。
*構造上、先端は鋭くなっています。お取り扱いの際は十分ご注意ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer
  • ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer

ジョージアンの民具に見惚れる / Antique Steel Candle Snuffer

320-263

0円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
7月21日(日)
大江戸骨董市

**ご来場有難うございました**



8月の出店予定はございません。



【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了時刻が16時ですが、当店は手持出店のため、終了時刻には全て片付けている状態の完全撤収が求められています。当店は細かい物が多く時間がかかるため、2時間前には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。