さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace

英国ヴィンテージ、シルバーネックレス。



英国のマーケットで手に入れたネックレス。


小さな長方形のフォルムをしたヘッドチャームのモチーフは、ケルティックノットです。


「ケルティック・ノット/Celtic knot」とは、日本語では「ケルトの組み紐文様」などとよばれる文様のこと。
多様な結び目やスタイルがあり、様々な意味が込められながら、古代ケルト人によって建築物のレリーフや装身具などに使われてきました。

ケルトには肉体は滅びても魂は不滅という輪廻転生の宗教観があります。
ケルティック・ノット始まりも終わりも無い循環する文様が数多くあり、その考えを象徴するともいわれています。


セットされたチェーンは大小の環を組み合わせた凝ったデザインで、さりげないなかにもこだわりを感じさせます。


チャーム、チェーン共に材はスたーリングシルバー。
英国においてスターリングシルバー(銀の純度92.5%)はホールマークによって管理されておりますが、ジュエリーなどの小さなものにおいては必ずしもホールマークは刻印されておらず、銀の純度を示す「925」もしくは「SILVER」「STARLING」などのみの場合もございます。
このネックレスも、チャームの裏面及びチェーン留め具部分に925の刻印を見ることが出来ます。


歴史あるモチーフを表現したシルバーネックレスは、男性はもちろん、女性にもおすすめ。
纏う人の感性を豊かに表現する、英国ヴィンテージのひとしなです。




こちらからも拡大画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:c.1970年代以降
◆素材:シルバー925
◆サイズ:チェーンの環から環の長さ約46cm
◆総重量:5g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変色がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*チェーン留め具は問題なく稼働します。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace
  • さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace

さりげなくケルトを纏う / Vintage Sterling Silver Necklace

221-063-2

0円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

7月31-8月1日(土日)
浜松町骨董アートフェア
東京都立産業貿易センター3F
10-17時(2日目は16時まで)
出店確定



大江戸骨董市は6月から9月はオリンピックの為お休み、10月に再開予定です。


【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、規約により15時(一人で出店の場合は14:30)には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。