ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book "WILLIAM AND HIS UNCLE BEN"

英国アンティーク、ヴィクトリア時代の古い本。



英国の大きなアンティークマーケットで手に入れたこぶりな赤い本。




表紙を開いたところに流麗なハンドライティングの書き込みがあります。
読み取れないところもございますが、おそらく186(?)1年11月17日に、15歳の誕生日を記念して・・・というようなことが書かれていると思います。


タイトルは「WILLIAM AND HIS UNCLE BEN/ウィリアムとベンおじさん」。
作者は「MRS.HOFLAND」。
これは「Barbara Hofland/バーバラ・ホフランド(1770-1844)」のことで、子供向けの教訓的で道徳的な物語を多く書いた英国人女性作家です。



出版したのは以下の出版社。

T.NELSON & SONS LONDON

「THOMAS NELSON AND SONS/トーマス・ネルソン&ソンズ」は1798年にスコットランド・エディンバラにて創業した老舗。
長く英国において独立した出版社として聖書をはじめ多くの本を扱ってきましたが、現在はオックスフォード・ユニバーシティ・プレスに吸収されてしまっているようです。

また、トーマス・ネルソン&ソンズは1854年にアメリカ・ニューヨークに支社を持ち、こちらのほうは後に経営的に独立。
現在もテネシー州に本社を持ち、多くの本を出版しています。

オフィシャルサイト(英語版)はこちら。
https://www.thomasnelson.com



こぶりな大きさで、内容も子供向けですので、子供たちの道徳教育向けに読まれていたものと思われます。
それでも表紙のデザインは赤と金を主体とした格調高いもの。
こんな素敵な本を読むことができるなんて、ヴィクトリア時代の子供たちが羨ましくなってきます。


タイトルのデザインも凝っており、出版社のこだわりが感じられる装丁。
貴方の書棚に一冊、ヴィクトリア時代の小さな本を紛れ込ませてみるのも、一興かと思いますがいかがでしょうか。




こちらからも画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:c.19世紀後半
◆素材:紙・布
◆サイズ:約15.4×10.5cm 厚み約1.3cm
◆重量:170g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、小傷や汚れ、破れや変色、書き込み等がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book
  • ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book

ミセス・ホフランドからの赤い本 / Antique Book "WILLIAM AND HIS UNCLE BEN"

619-439

3,200円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

7月31-8月1日(土日)
浜松町骨董アートフェア
東京都立産業貿易センター3F
10-17時(2日目は16時まで)
出店確定



大江戸骨董市は6月から9月はオリンピックの為お休み、10月に再開予定です。


【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、規約により15時(一人で出店の場合は14:30)には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。