近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale

ドイツアンティーク、レタースケール。




艶を抑えた黒のボディに年季の入ったゴールドの縁、目盛りは読み取り易いようモノトーンの表示に赤いニードル。
シンプルでありながら、その佇まいにデザインの質の高さを感じる、とても洗練された約1世紀前のレタースケールのご紹介です。


円弧状の文字盤は上側が1g単位、下側が5g単位となっています。
通常の状態ですと下側の目盛りで量るようになっており、250gまで対応しています。
向かって右上部にあるレバーを「100g」の位置に切り替えることで、100g以下の重量を1g単位で量ることができるようになる・・・というクレバーでスマートなつくりとなっています。



ボディ側面にある JM と D.R.P. の刻印は、メーカーズマークとドイツ特許(Deutsches Reichspatent)のプロダクトであることを表しています。
JM は、PH.J.Maul 社のことで、ドイツ人の Philipp Jakob Maul/フィリップ・ヤコブ・モール が、ドイツ最大の港町であるハンブルクで1874年に設立した、スケールとバロメータの会社です。(ドイツ語の「J」は、英語の「Y」のように発音するので、Jakob は、ヤコブと表現します。)

ドイツの聖職者であり技術者の Philipp Matthaus Hahn/フィリップ・マテウス・ハーン が、18世紀に開発した Neigungswaage/傾斜スケール の基礎となる原理を、フィリップ・ヤコブ・モールが、工業規模でレタースケールとして最初に制作し、世界中に輸出した第一人者であったため、「レタースケールの父」と言われるようになったそうです。

PH.J.Maul は、1909年にレタースケールを含む多数の特許を申請。その一つである、平らではない場所や傾斜した地面でもエラーなく正確な重さが軽量できる、「自己バランス振り子」のメカニズムは、当時のレタースケールのスタンダードとなり、様々なサイズとデザインのスケールに応用され、振り子の機構がハウジングに組み込まれたタイプなど、多くのモデルが製造されました。

1922年に、創業者のフィリップ・ヤコブ・モールが他界後は長男、次に、次男の Otto Maul/オットー・モールが引き継ぎました。オットー・モールの死後(1987年)、1989年、115年続いた会社は幕を閉じることとなりますが、会社の伝統は、ドイツ中部のヘッセン州に拠点を置く Jakob Maul GmbH/ヤコブ・モール社によって今日も続けられています。

Jakob Maul GmbH の創業者である Jakob Maul/ヤコブ・モールは、フィリップ・ヤコブ・モールの甥で、もともとは叔父の PH.J.Maul の工場で学び、いつか叔父の会社を引き継ぐことを期待していましたが、叔父が子供を授かったことから、結果的に会社を去ることとなり、1912年に、ヤコブ・モール社を設立、1931年、同社でもオフィス事務用品に加えてレタースケールの製造を始め、ヤコブ・モールの死後、1970年になって PH.J.Maul の生産が引き継がれています。




このような背景のある、今回のレタースケールは、1919年にドイツのワイマールで創設された国立の造形学校バウハウスの理念である「芸術と技術の新たな統一」に影響され、後に流行したアール・デコ様式がデザインに色濃く反映されたモデルと言えます。

ヴィクトリア朝時代、産業革命期の分業制のモノづくりへのアンチテーゼとして起こったアーツアンドクラフツ運動の到来を受けて、ベルギーを出発点としてヨーロッパ大陸に開花した「アールヌーボー」は、新しい芸術を意味する言葉で、その名の通り非常に斬新な様式でした。しかし、職人の手技に頼ったアールヌーボー様式は量産に向かず第一次大戦後、衰退します。

代わりに支持されたのは、Bauhaus/バウハウスであり、1925年に開催されたパリ万博を契機に流行した Art Deco/アール・デコ です。アール・デコ様式は量産に向く、直線的でシンプルなデザインが特徴で、「生活の中に芸術を」という理想を掲げ、多くの装飾芸術で都市生活を彩りました。

アール・デコは、豊かになった先進国の大衆が大量生産による商品を求め始めた時代の象徴であり、特権階級が享受していた過剰な贅沢を否定するひとつの前向きな革命として、第二次世界大戦まで流行しました。


多くの人々がそれぞれの未来への明るい夢を抱くことが可能だった「古き良き時代」に、レタースケールの父が作った PH.J.Maul 社が、アーツアンドクラフツ運動から続く、ドイツのバウハウスとアール・デコの時代背景から生み出した、近代デザインを代表する貴重な一品。

ノスタルジックでありながら、とても斬新で新しさを感じるデザインは、そこにあるだけで、生活を豊かに演出してくれるでしょう。



こちらからも画像をご確認いただけます。


◆Germany
◆PH.J.Maul 社
◆推定製造年:c.1920-1930年頃
◆素材:金属
◆サイズ:幅約15.7cm 奥行約6.4 高さ約13.7cm
◆重量:376g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に傷や汚れ、金属部の経年変化等がみられますが、動作は正常です。
*向かって右側下にあるダイヤルで微調整の上ご使用ください。
*上部のお皿はすぐに外れるようになっています。発送の際は外して梱包いたしますので、ご自身で差し込んでご使用ください。
*詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale
  • 近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale

近代デザインのハウジングに秘められた振り子の伝統 / Antique German Postal Scale

221-230

24,000円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

7月31-8月1日(土日)
浜松町骨董アートフェア
東京都立産業貿易センター3F
10-17時(2日目は16時まで)
出店確定



大江戸骨董市は6月から9月はオリンピックの為お休み、10月に再開予定です。


【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、規約により15時(一人で出店の場合は14:30)には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。