北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box

英国アンティーク、小さな聖書の形をしたトリンケットボックス。




掌よりも小さな、深い金色をした書物。
・・・・かとおもえば、本を模したトリンケットボックス(小箱)である、という遊び心に溢れた逸品をご紹介いたします。



まず、豪華な装飾が施された表紙をよくみてみましょう。
中央の4つの葉のようなシンボルは「クワットレフォイル」と思われます。
クワットレフォイル/Quatrefoilとは、ラテン語由来の言葉で直訳すると「4枚の葉」となり、四葉、もしくはその形状をした装飾的な文様のこと。
ゴシックやルネサンス様式のキリスト教教会の装飾によくみられ、長い歴史の中でバリエーションを生みながら使われてきました。形としてキリストの十字架を象徴し、幸運の象徴でもあります。

表紙のシンボル、そして全体のフォルムや綴じ金具があることを考えあわせれば、これは聖書を模したものであるといえると思います。



そしてクワットレフォイルの周囲の地模様をよくみれば、一見目立ちませんが「アザミ/thistle」であることがわかります。アザミといえばスコットランドのシンボル。

由来は諸説ありますが、有名な説としてはヴァイキング撃退説があります。
8世紀から13世紀までヴァイキングの侵入に苦しんだスコットランドで、侵入してきたヴァイキングの兵士が刺のあるアザミを裸足で踏んでしまい、痛みに耐えかねて大きな声を出したことで、スコットランド兵がその侵入に気が付き多くの兵を助けたことに由来するとされています。

実際にアザミがスコットランド国花に制定されたのは、スコットランド王ジェームズ3世(在位:1452年 - 1488年)により15世紀になってからですので、ヴァイキングの説は一種の伝説によるもの、という説もあります。



そんなスコットランドのシンボルが密やかに、でも多くあしらわれたトリンケットボックス。
背表紙をみてみれば、中央には「M S」のモノグラムがあしらわれています。

一般的にはオーダー主のイニシャルか、誰かへのプレゼントであればその贈り先の方のイニシャルであると考えるのが妥当でしょう。

もうひとつの可能性としては、スコットランドの女王、「メアリー・ステュアート/Mary Stuart(1542-1587)」へのオマージュの一品である、というものです。


生後6日でスコットランド王位を継承し、後にフランスに渡りフランソワ2世の王妃となり、王が病死の後にスコットランドへ帰国、後に内部の陰謀の為イングランドへ亡命し19年間の幽閉生活の後に処刑されたという、数奇な運命を辿った悲劇の女王。
従妹であるイングランド女王エリザベス1世と比較されることも多く、英国では「メアリー1世」とよばれるよりは「Mary, Queen of Scots」とよばれています。
彼女の息子ジェームズはスコットランド王として即位し、またエリザベス1世の死後は、エリザベスには子供がいなかったため、ジェームズがイングランド王位をあわせ継ぐこととなります。
以後スコットランドとイングランドは同君連合を形づくり、18世紀のグレートブリテン王国誕生の端緒となったことを考えれば、英国においては特別な存在であるといえるでしょう。


メアリー・ステュアートのオフィシャルなモノグラムは「M R」(Mary Regina)ですが、個人的な意味合いで「M S」という表現としたのかもしれません。
カトリック教徒で信仰心が篤かったといわれるメアリーへのオマージュとして、クワットレフォイルとアザミをあしらった聖書の小箱はぴったりなのではないかと思います。



さて、ここからはお品物のご説明です。
小さな留め金をパチン、と開ければ、内部には深紅のベルベットが貼られており、中に仕舞った物を大切に受けとめます。ベルベットには多少の傷みや擦れがみられますが、経年変化としてお愉しみいただける範囲内と思います。
蓋裏には箔押しでマークのようなものがあった跡がありますが、メーカー名などはすっかり消えておりますので、詳細は特定できませんでした。作られた年代は古く、19世紀後半ヴィクトリア時代と推測いたします。


特別に大切にしたい、小さな宝物を仕舞うのに最適な金色の聖書。
北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王を想いながら、貴方の書棚の片隅に並べてください。




こちらからも画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:c.1850-1890年代頃
◆素材:真鍮、布
◆サイズ(外寸):約5.3×7.5cm 厚み約3cm
◆サイズ(内寸):約4.3×6.5cm 深さ約1.8cm
◆重量:154g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、錆びや変色、歪み等がみられます。
*内張のベルベットには擦れがみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*留め金具はきちんと動作します。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。


  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box
  • 北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box

北の大地に揺れるアザミと悲劇の女王 / Antique Victorian Brass Bible Trinket Box

221-246

18,000円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
8月7日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム

**ご来場有難うございました**

8月21日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

9月11日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

9月25日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は開始が8:30とオフィシャルサイトに表記されていますが、9時かもしれません。8:30から9時くらいが開始時間かな、とおおまかにとらえてください。現実的には車出店者は既に8:30頃には準備が整っていることが多く、手持ち出店者は準備中のことが多いです。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、16時には完全撤収が求められています。14:15頃には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。