光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens


英国アンティーク、卓上拡大鏡。




用の美を極めた、ブルズアイの卓上拡大鏡=デスクレンズのご紹介です。



まず、Bullseye Lens/ブルズアイレンズとは、半球レンズのこと。眼玉レンズともいい、まるで牛の目玉の様に、丸く球状のレンズのことをいいます。

基本的に現代の拡大鏡は二重凸レンズであり、対象物を大きく見せるため、レンズは両面とも凸面、要するに中心が厚くなっていますが、
そのなかでも特にカーブがきつく、球体にみえるものをブルズアイレンズと呼ぶようです。



今回ご紹介する卓上拡大鏡は、まさにそのブルズアイレンズがついたもので、片面のみ凸レンズとなっています。
表裏ともに、少し離したときは上下逆に、近づけたときにはそのまま大きく見える、という状態となります。近くして使えば本の細かい文字や図形などをしっかりと大きくしてくれる優れものであり、手に持たずとも使えるので、様々な用途に活用できます。



レンズばかりではなく、支える支柱も見逃せません。

ウエイトが組み込まれた真鍮のベースに同じ真鍮の支柱はとても安定感があります。その支柱の先端側面に空けられた丸穴に差し込まれた、T字型のスリーブは固定用のビスを軸に360°回転します。 そのスリーブには、先端にブルズアイレンズのついた真鍮のパイプハンドルが差し込まれており、ハンドルの長さ分、支柱を基点に、上下左右と自由にレンズを移動させることができます。

したがって、レンズの位置や高さ、そして適正角度など、自由自在に調整が可能となります。このタイプは、ベンチコンデンサー または デスクレンズ とも呼ばれ、当時は顕微鏡と組み合わせて、自然光またはランプの光を利用し集光させ、検査のための標本を照らすためにも使用されていたそうです。


拡大鏡の歴史は古く、古代エジプト人が、クリスタルと黒曜石の破片を覗いて視界が拡大できることを実感し、ローマ人が異なる形状のガラスから、中央が厚く外側に薄いガラスが、対象物を拡大することを発見。

以後、1250年代に英国の哲学者 Roger Bacon/ロジャー・ベーコン が、ガラスと鏡で様々な実験を行い、反射と屈折の原理を解明し、ついに最初の拡大レンズを作成、1268年に拡大レンズを眼鏡に応用し、自らの視力の回復に役立てたと言われています。ちなみに、「lens/レンズ」という言葉は、レンズ豆の形に似ているため、ラテン語のレンズ豆に由来して名付けられたとか。



この卓上拡大鏡の推定製造年代は、19世紀後半ヴィクトリアンの終わり頃。

まだ電気が普及してない時代、日が暮れれば灯りといえばランプかガス灯。
ほの暗い灯りをより効果的に作用させるため、顕微鏡のそばに置き、標本に向けて光を集め、昆虫や植物のミクロの世界を覗いている英国の学者たちが目に浮かぶようです。

そんな彼らを傍らでサポートしてきた、たおやかな佇まいの卓上拡大鏡。


デスクトップのワンポイントに、19世紀英国のアンティーク・ツールはいかがでしょうか。



こちらからも画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年:c.1880-1890年代頃
◆素材:真鍮・ガラス・他
◆サイズ:土台直径約5.6cm レンズ部分直径約4.25cm
全体高さ約17.5 支柱のみの高さ13.5cm
     レンズ+ハンドルの長さ約16.3cm
◆重量:216g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に傷や汚れ、金属部の経年変化等がみられますが、レンズに目立つ傷はなく、とても良い状態です。
*詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens
  • 光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens

光線を操る卓上の魔術師 / Antique Bullseye Bench Condenser Desk Lens

221-249

48,000円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
8月7日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム

**ご来場有難うございました**

8月21日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

9月11日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

9月25日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は開始が8:30とオフィシャルサイトに表記されていますが、9時かもしれません。8:30から9時くらいが開始時間かな、とおおまかにとらえてください。現実的には車出店者は既に8:30頃には準備が整っていることが多く、手持ち出店者は準備中のことが多いです。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、16時には完全撤収が求められています。14:15頃には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。