バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool

ドイツアンティーク、片重り見器。




一見すると、小型の万力のような可愛らしい工具。
万力としても使えないことはないですが、実は、「片重り見器 / Poising Tool」という、古い機械式時計用のツールなのです。


大切な時計を誤って落下させてしまったら、運が悪いと、動かなくなってしまいますね。
例えば、自動巻き腕時計は、適度に振動を与え続けないと止まってしまいますが、精密機械ゆえ、当然強い衝撃には弱いのです。

原因としては、ゼンマイ部分が外れてしまったり、歯車などの部品のかみ合いが外れたり、針落ちしたり、といろいろですが、深刻なのは、機械式時計の心臓部にあたる、車輪のような形状で小刻みに動く部品(テンプ)の中心軸(天真)が折れてしまうことです。


この、破損したテンプを修理し、形状としては元に戻すことができたとしても、精密部品ゆえに、そのバランスを確認、調整することがとても重要で、そのためのツールのひとつ、「片重り見器」が今回の商品となります。



以降は、専門領域ゆえ、説明も十分とはいえませんので、それを踏まえてお付き合いいただけると嬉しいですが、ご興味のない方は読み飛ばしてください。


機械式腕時計は、手でリューズを巻くか、ローターの回転によって自動的にゼンマイを巻き上げてくれることによって動きます。
ゼンマイが巻かれ、そのゼンマイがほどかれる力がエネルギーとなって、4つの歯車で構成される「輪列機構」に伝わり、「ガンギ車・アンクル・テンプ・ヒゲゼンマイ」で構成される脱進機にて一定の速度へと変換されます。変換されたゼンマイの力は規則的なリズムを生み出し、各歯車に取り付けられた時針・分針・秒針が時を刻みます。

一定の速度でキープさせるために、脱進機(エスケープメント)とよばれる「ガンギ車・アンクル・テンプ・ヒゲゼンマイ」で構成される機構が重要で、この発明と度重なる改良の歴史が、今日の機械式腕時計の進化そのものと言われています。


脱進機の中で特に重要なのが時計の「心臓部」ともいえるテンプとヒゲゼンマイです。テンプとヒゲゼンマイは振り子時計でいうと「振り子」の役割をし、精度を決めます。テンプ(天符)は、車輪のような形をしている天輪(テンワ)と、中心軸となる天真(テンシン)などのパーツにヒゲゼンマイを加えた集合体を表し、テンプは「正確」に行ったり来たりする往復運動を繰り返し、時計に精度を与えます。



さて、折れてしまった天真を新しい物に交換するのですが、ふたたび天輪にカシメて圧着、「振り座」という部品を取り付けると、どうしてもその過程で少し歪みが出てしまうので、「振れ見」というツールを使って振れ取りを行います。振れ取り作業で歪みを修正し、天輪が天真を軸にして綺麗に回転するようになったら、いよいよ本題の、天輪のバランスを見る為の、「片重り見器」の登場です。

片重り見器の万力のように物を挟むように見えるところ、よく見ると2枚の金属板は刃先のように鋭く尖っています。天真の長さに応じて、2枚の金属板の幅を調整し、刃先のように見える部分に天真を掛け渡すようにそっと置き、ブロワーなどで風をかけて、天真を軸に天輪を回転させ、それを何度か繰り返した結果、天輪が同じ位置で止まらないかを確認します。

同じ位置で止まるようであれば、チラネジやチラ座といった極小部品を削ったり足したりしてバランスを調整したり、直接穴を空けたりして調整しますが、その判断や手法は様々でとても繊細かつ経験則が必要な作業となります。天輪の片重りは、時計の姿勢差に直結する要因となるので、特に慎重に取り除く必要があるようです。



今回ご紹介する片重り見器は、はるばるドイツから来た本体が真鍮製のもの。
通常、片重り見器には、水平器が内蔵されていて、4本あるいは3本脚のいずれかをスクリュー調整し、水平を保つことができますが、この古い片重り見器には、何れの機能もありませんので、使用の際には別途水平器が必要であったと思われます。
側面には「PINK」の文字が彫られており、メーカーが彫ったというよりは、職人が自分のために手仕事で彫ったように思います。意味は不明ですが、この小さな片重り見器の愛称なのかもしれません。



今でも機械式時計の修理には無くてはならない工具は、実際に時計の修理にお役立ていただいても、小さな万力として他の手仕事にお役立ていただくのもよろしいかと思います。

はるばるドイツから来た、プロフェッショナルなアンティークツール。
小さな躯体に込められた職人の想いを、どうぞ感じてください。



こちらからも画像をご確認いただけます。


◆Germany
◆推定製造年:c.1930-1950年頃
◆素材:真鍮、その他金属
◆サイズ:幅約4.5cm 奥行約2.5 高さ約3.8cm
◆重量:62g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に傷や汚れ、錆などの金属部の経年変化等がみられますが、動作は正常です。
*詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。


  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool
  • バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool

バランスを見る4本脚の時計職人ツール / Antique German Watchmaker Poising Tool

221-235

7,500円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

10月3日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム

**ご来場有難うございました**

10月10日(日)
TOKYO TORCH Market
(トウキョウ トーチ マーケット)
場所:TOKYO TORCH
東京都千代田区大手町2丁目6-4
JR東京駅日本橋口から徒歩1分

**ご来場有難うございました**

10月17日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム

**残念ながら中止となりました**

10月30日(土)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
(出店確定)


11月7日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
(おそらく出店確定)


11月14日(日)
TOKYO TORCH Market
(トウキョウ トーチ マーケット)
場所:TOKYO TORCH
東京都千代田区大手町2丁目6-4
JR東京駅日本橋口から徒歩1分
11-15時
(出店確定)

11月21日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
(おそらく出店確定)



【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、規約により15時(一人で出店の場合は14:30)には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。