猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella

オーストリアアンティーク、コールドペイントブロンズ猫。




傘を置いておいたら、いつの間にか猫が雨宿りしていた・・・。

そんな微笑ましい情景を想像してしまうこの雨宿りしている傘猫は、「ヴィエナブロンズ/ウィーンブロンズ」と呼ばれる着色されたブロンズ細工。
ヴィエナブロンズの精巧な作りと存在感ある佇まいは、世界中の蒐集家を魅了しています。



19世紀前半、ドイツやオーストリアの市民による、日常や社会生活に新しい文化を発展させたビーダーマイヤーの時代を経て、
ヴィエナブロンズは、19世紀の中頃から現在に至るまで作り続けられています。

ヴィエナブロンズは、高級品として高く評価され、展示や蒐集を目的とした貴族や富裕層に向けて販売されていました。
サイズは、小さな1インチのミニチュアからテーブルランプやセンターピースと同じくらいの大きさまで様々です。

モチーフは、漫画や風刺画を題材としたものや、実物そっくりにありのままの姿を詳細に表現したミニチュア化された人物や動物もあれば、エロティシズムを表現したもの、擬人化されたペットや森林動物なども多く、特に猫、カエル、犬の作品はウィーンの名物です。ヴィエナブロンズが創り出す世界観は、似顔絵、あざけり、風刺の喜びを慈しむビーダーマイヤー時代の宝物です。


コールドペイント・ヴィエナブロンズは、彫刻家の作った原型を忠実に再生できる鋳造金型を形作るアーティストによって直接設計されました。

1つのブロンズのフィギュアは、多くの場合、砂の鋳造/sand casting と呼ばれる方法によってパーツごとに鋳造され、それらを溶接して一体化、毛並みや顔立ち等を彫刻し、髭など細部まで手を加えて、画家に引き渡されます。その一連のプロセスには、多大な労力と高度に熟練した職人の技術が必要とされ、特にコールドペイントによる着色作業は、重要な要素となる表面仕上げとなり、全てが手作業によって、テクスチャーが与えられ、細部に至るまでシャープに整えられます。

コールドペイントは、当初は鉛ベースの塗料で行われていましたが、健康上のリスクがあるため、20世紀の変わり目には、油性顔料のエナメル塗料が使われています。



今回の傘猫は、オーストリアの首都ウィーンのベルクマン鋳造所の作品と思われます。ベルクマン/Bergmann はドイツ語で、英語ではバーグマンと表現します。

1860年にウィーンに来て小さなブロンズ工場を設立した、チェコ出身の父親であるフランツ・ベルクマン・シニア/Franz Bergmann senior の会社を継承し、息子のフランツ・ザヴェル・ベルクマン/Franz Xaver Bergmann は、1900年に新しい鋳造所をオープンしました。フランツ・ザヴェル・ベルクマンは、鋳造所の所有者として、多くの匿名の彫刻家を雇い作品を世に送り出しており、20世紀の変わり目には、ウィーンのブロンズブームの先駆者という側面もありました。


ベルクマンの作品は本当に驚くべきものであり、各作品は細部に至るまでその躍動感ある動きに注意が払われています。
20世紀初頭のウィーンには50近くのメーカーが存在しており、ベルクマンは当時最もよく知られていたメーカーでした。ただ、残念ながら、ウィーンの多くのブロンズメーカーがそうであったように、作品には作家名を示すマークまたは署名などが印されていないことが多かったそうです。

ベルクマン鋳造所は、1930年代に起こった大恐慌のため閉鎖に追い込まれましたが、数年後、息子のロバート・ベルクマン/Robert Bergmann によって再開され、カール&イルゼ・フールマン/Karl & Ilse Fuhrmann が、1960年に残りのベルクマンモデルをすべて購入するまで営業を続けました。



さて、ここでひとつご説明がございます。


真鍮は銅と亜鉛の合金。
ブロンズ(青銅)は銅と主として錫の合金。

材として異なるのですが、正直ヨーロッパでは、かなり混同して呼ばれていることが多くあります。例えばフランスにおいて、どうみても真鍮で出来ている、金色のキャンドルスタンドや置時計等を「ブロンズ」と呼ぶのは本当に一般的。確かに広義としてはどちらも「銅の合金」であることから、あまり厳密に区別して呼ぶことに意味を見出していないのかもしれません。

ということで、今回ご紹介するこの猫も、ディーラーはもちろん「ブロンズ」として紹介しておりました。ただ、よく見れば塗料が剥げた部分は金色に見えますので、おそらく素材は私たちが知る「真鍮」でしょう。それでも、「ヴィエナブロンズ」とよぶことに間違いはないと思いますので、そのように紹介させていただきます。



掌に乗るほどの小さな傘と小さな猫。

後ろから見ると、飛び出ている尻尾がなんとも愛らしく、ご婦人用と思われる傘にも細かい表現が施されており、
18世紀から19世紀にかけてヨーロッパの上流階級でファッションアイテムとしても人気を集めた傘の歴史も感じていただけます。

100年を超えても、変わらない価値をもつ、オーストリア・ヴィエナブロンズの珠玉のひと品。

雨の日に眺めているだけで癒される、傘猫を是非お手元にいかがでしょうか。




こちらからも画像をご確認いただけます。


◆Austria Vienna(Wien)
◆推定製造年:c.1910〜1920年代頃
◆素材:真鍮(ブロンズ)
◆サイズ:長さ約7.0cm 幅約4.2cm 高さ約3.8
◆重量:32g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に微細な傷や汚れ、塗装の剥がれなどがありますが、とても良い状態です。
*精緻な作りで、傘の先端等は鋭いです。ご注意ください。
*詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella
  • 猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella

猫の雨宿り / Antique Cold Painted Bronze Cat under an Umbrella

221-446

38,000円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
7月9日(土)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

7月24日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

8月7日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

8月21日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、16時には完全撤収が求められています。14:15頃には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。