フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL

英国アンティーク、フットスツール。



フットスツール、ご存じでしょうか。

文字通り脚を置くスツール(背もたれのない椅子)のこと。歴史は古く、古代エジプトや古代ローマで既にその原型がみられ、聖書にもその単語をみることができます。

例えば「マルコによる福音書 12:36」より。

For David himself said by the Holy Ghost, The LORD said to my Lord, Sit thou on my right hand, till I make thine enemies thy footstool.
ダビデ自身が聖霊に感じて言った、『主はわが主に仰せになった、あなたの敵をあなたの足もとに置くときまでは、わたしの右に座していなさい』。

「足元に置く」と訳されていますが、意味としては足のせ台(フットスツール)にする、ということなのではないかと思います。



そのように長い歴史をもつフットスツールは、その時代ごとに様々な意匠と材で作られてきました。19世紀ヨーロッパでは、材はマホガニーやウォールナット、ふっくらとした詰め物にファブリックで仕上げられた高級品や、オークの本体にラッシュ(籐張り)で仕上げられた比較的庶民的な物などを見ることが出来ます。



今回ご紹介するのは、英国のアンティークセンターで手に入れた、材がウォールナット=胡桃の木の高級品。作りからして、19世紀後半ヴィクトリア時代の終わり頃の製作と推測いたします。小さな足は見事なカブリオレレッグで、脚先のスクロールが見事に弧を描いております。無垢ウォールナットはしっとりとした古艶で輝き、触れれば優しい質感を堪能することが出来ます。

英国買い付け時には赤いベルベット無地が貼られておりましたが、だいぶ色褪せかつ傷んでおりましたので、新しい生地に張替をいたしました。

アンティークの家具において生地部分は張り替えながら使っていくもの。木の部分は丁寧にレストレーションし、生地は詰め物を活かしたり足したりしながらreupholsteryしていきます。椅子はもちろんキャビネットの内張も、その時の壁紙に合わせたり、飾りたいものの色合いや質感に合わせたりして、張り替えていくことが多くございます。


今回張り替え用の生地として選んだのは、フランスの17世紀創業の最高級ファブリックメーカー、タシナリ エ シャテル社/TASSINARI&CHATELのシルクジャガード。「VERDI/ベルディ」 という名前のシルク100%の最高級ファブリックです。ある縁で張り替えられる程度の分を手に入れることができましたので、修復士に依頼し、張替を行いました。ちなみに詰め物はアンティークならではの馬毛が主なものとなっています。


1680年フランスの絹織物の中心地 リヨンで創業したタシナリ エ シャテル社。
ベルサイユ宮殿を始め、ヨーロッパの多くの宮殿等に使用されてきた最高級のファブリックメーカーです。現在はフランスのファブリックメーカー「LILIEVRE」の一部となっていますが、その圧巻の歴史と貴重なアーカイヴコレクションをもとに、新作も発表し続けています。

正直、このタシナリ社は他のファブリックメーカに比べて値段も扱いも別格。在庫確認が出来ることもあれば、「オーダーが入ったら織ります。納期は出来た時」的なコレクションもあるようです。イタリアのリッチな意匠をモチーフにした「ベルディ」は、ガーランドとオークの葉が配され、ことさらに装飾的なデザイン。緻密な経糸を活かした朱子織は深いサファイアの色で、緯糸の多色さ、大きなリピート(柄の繰り返し)がコスト度外視の最高級仕様となって美しい作品を作り出しています。触り心地はしっとりかつさらりと最高で、約30×25cmの大きさでも本物の迫力を感じて頂けることと思います。


ソファーやアームチェアの前に置けば、実用のみならずインテリアとして最高のアクセントになってくれます。
英国ヴィクトリアンのウォールナットに、フランスのシルクを纏わせたひとしなを、貴方の足元に従えてみてはいかがでしょうか。


こちらからも画像をご確認いただけます。


◆本体England/張地France
◆推定製造年代:本体c.1880-1900年代頃 
◆素材:ウォールナット、馬毛、布、他
◆サイズ:幅約31.8cm 奥行き約25cm 高さ約16.5cm
◆重量:1313g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、木部には小傷等がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*あくまでも「足のせ台」です。踏み台としてのご使用はお控えください。
*ごく体重の軽い方は座ることができるかもしれませんが、椅子として作られたものではございませんので、自己判断にてお願いいたします。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL
  • フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL

フランスのシルクを纏う胡桃の木/ Antique Victorian Walnut Footstool with TASSINARI&CHATEL

322-098

65,000円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
7月9日(土)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

7月24日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

8月7日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

8月21日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、16時には完全撤収が求められています。14:15頃には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。