レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass

英国アンティーク、コディントン拡大鏡。




可愛らしい佇まいにもかかわらず、とてもパワフルな拡大鏡をご紹介します。


コディントン拡大鏡 / Coddington Magnifying Glass。


以前も同種のタイプをご紹介しており、今回もコンパクトなサイズながら、レンズの厚さと倍率の高さなどの特徴は遜色ありません。


真鍮のボディに隠された1枚ものの分厚いレンズは、両面が半球状になっており、外からはわかりませんが、その厚みの半分あたりとなる赤道部分に深い溝が彫られています。この深い溝を設けることでレンズを通る光が絞りこまれ、球面収差を出来るだけ抑える・・・というのが、コディントン拡大鏡の特徴。


通常の拡大鏡は5倍くらいがせいぜいといわれていますが、コディントン拡大鏡は10倍から20倍の倍率を持つことが可能となります。



もともとは、1812年に英国の化学者、William Hyde Wollaston/ウィリアム・ハイド・ウォラストン が、それまでの拡大鏡の改善を目指して、半球状の2枚のレンズを組み合わせたのが始まりといわれています。その後、科学者の Sir David Brewster/デイヴィッド・ブリュースター が、その2枚のレンズの隙間にある屈折率の透明なものを挟み込むと、より精度があがることを発見。そして、1枚の厚いガラスの塊から、その形にレンズを削り出すことをはじめます。

1829年、 Henry Coddington/ヘンリー・コディントン がその発明の所有権を買収。そして機能をさらに進化させたことにより、このタイプの拡大鏡は「Coddington Magnifying Glass/コディントン拡大鏡」と呼ばれるようになります。


そんな歴史をもつコディントン拡大鏡。


長い年月と共に深みを増した真鍮製の円筒ボディと小ぶりのハンドル、円筒から飛び出たレンズを保護するように、両エンドに真鍮のスクリューキャップが嵌められています。したがって、そのまま垂直に立てて置いても、レンズに傷が付く心配はなく、ハンドルは浮いた状態となりますので、直ぐに手に取って使用することが可能となります。

どこに置いても邪魔にならないサイズでありながら、存在感と雰囲気のあるコディントン拡大鏡、あなたのコレクションの充実はもちろん、単一レンズのルーペで物足りない方にお薦めの小さな逸品です。


こちらからも画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年:c.1870〜1890年代頃
◆素材:真鍮・ガラス
◆本体サイズ :全長約7.6cm 直径約2.9 高さ約2.3cm
◆レンズサイズ:直径約2.5 厚さ約2.1cm
◆重量:50g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に微細な傷や塗装の剥がれ、金属部の経年変化等がみられますが、レンズ表面に目立つ傷はありません。
*詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass
  • レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass

レンズの可能性を追究して / Antique Miniature Coddington Magnifying Glass

122-166

36,000円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
8月7日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム

**ご来場有難うございました**

8月21日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

9月11日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

9月25日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は開始が8:30とオフィシャルサイトに表記されていますが、9時かもしれません。8:30から9時くらいが開始時間かな、とおおまかにとらえてください。現実的には車出店者は既に8:30頃には準備が整っていることが多く、手持ち出店者は準備中のことが多いです。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、16時には完全撤収が求められています。14:15頃には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。