小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton "LITTLE JOHN" BUNNYKINS 2000

ロイヤルドルトン社製、バニキンズ・シリーズよりリトルジョン・バニキンズ。




こげ茶色のマントを肩に掛け、長い棒を手にしたバニキンズ。ややふっくらとした顔立ちと仁王立ちの姿から、なかなかの力自慢な雰囲気が漂っております。タイトルは「LITTLE JOHN/リトルジョン」。




製作は1815年設立のRoyal Doulton/ロイヤルドルトン。

創業者はジョン・ドルトン/John Doultonのほか、マーサ・ジョーンズ/Martha Jonesとジョン・ワッツ/John Wattsの3人でしたが、1853年に社名は「Doulton」となります。

はじめはストーン・ウェアを生産する小さな工場でしたが、2代目のHenry Doulton/ヘンリー・ドルトンの代に蒸気機関を取り入れるなど積極的に事業を拡大、大成功をおさめます。

その後1882年にスタッフォードシャー、ストークオントレントのBurslem/バースレムを生産拠点と定め、ここが現在も続くロイヤル・ドルトンの本社となっています。またヘンリー・ドルトンは陶磁器業界で初となる「ナイト」の称号を与えられ、1901年にはエドワード7世から王室御用達の栄誉を受け、ここで「ロイヤル・ドルトン」と名乗ることを許されたのです。

ロイヤルドルトンの特徴は、滑らかな肌のボーン・チャイナと、意匠の芸術性。

実際に使われる食器はもちろん、装飾的でコレクタブルな食器、人形などのフィギュアも美しく完成度の高いものが多く、さすが世界的に有名な、英国を代表する陶磁器メーカーであるといえるでしょう。

また、Bunnykins/バニキンズとは、1930年代から続いているロイヤル・ドルトンのうさぎキャラクターのこと。現在では子供向けの食器がメインで、バニキンズ・シリーズとしてお皿やマグカップが販売されています。ただ、フィギュア(陶器製人形)は、現在はロイヤルドルトンからは製造・販売はされていないようです。


バニキンズのもともとの始まりは1934年、テーブルウェアから始まりました。陶器製の人形の始まりは1939年。きっと、テーブルウェアの評判がよかったからだと思われます。

英国の絵本作家、Mary Barbara Baileyによるウサギのイラストをモデルに、Charles John Nokeが立体としてモデリングしたのが、初代、6デザインのバニキンズ・・・陶器製のウサギの人形でした。(ちなみにこの6デザインのバニキンズは、現在市場に出ると驚くほどの高額で取引されています)


その後、世界は第二次大戦へ突入し、ロイヤルドルトンは陶器製人形の生産を中止。1969年にBeswick Pottery を買収後、1972年から再度シリーズとして製造を始めたのです。

クリケットをしているチームだったり、ロビン・フッドだったり、チューダー朝のコスチュームを着ていたりと、テーマは様々ですが、すべて「ウサギ」。

基本的にある一定期間しか製造・販売していないため、販売終了となれば市場にでたものを探すしかありません。また、ファンクラブ限定商品であったり、特定の団体や組織などのために製作されたものもあり、レア度も様々。それによって価格も異なります。



今回ご紹介するリトルジョンバニキンズは、2000年にリリースされたもの。(発売期間は2001年から2004年)


底面には、ロイヤルドルトンのバックスタンプの他に以下の文字がみられます。

HAND MADE AND HAND DECORATED
BUNNYKINS
by ROYAL DOULTON
LITTLE JOHN BUNNYKINS
THE ROBIN HOOD COLLECTION
DB243

MADE IN ENGLAND
2000 ROYAL DOULTON


つまり、この「リトルジョンバニキンズ」は、「ロビンフッドコレクション」のうちの一体ということです。ロビンフッドコレクションは計8体で構成されていました。(DBはロイヤルドルトンのデザインナンバーです)

Robin Hood/ロビンフッド/DB244
Friar Tuck/タック修道士/DB246
Prince John/プリンスジョン/DB266
Maid Marion/乙女マリアン/DB245
Little John/リトル・ジョン/DB243
Sheriff of Nottingham/ノッティンガムの代官/DB265
King Richard/キングリチャード/DB258
Will Scarlett/ウィル・スカーレット/DB264


ロビンフッド/Robin Hoodといえば、中世イングランドの伝説上の人物。はっきりした起源は不明で、何人かの人物にまつわる伝承が合わさって形成された可能性が高いといわれています。14世紀頃から詩等に登場しますが、16世紀以降は、リチャード1世獅子心王時代の人物となり、リチャード1世が十字軍遠征に赴いている間に、ジョン王(リチャード1世の弟)の暴政に反抗した人物として描かれるようになりました。設定としてはノッティンガムのシャーウッドの森に住むとされており、ひどい代官のもと苦しむ民を救うべく仲間と共に活躍する義賊。

そして日本でいう義経と弁慶のように、ロビンフッドのそばにいつもいる力持ちがリトルジョンなのです。

ロビンフッドとリトルジョンの出会いはノッティンガムの森の中の小川にかかる狭い橋。(これも義経と弁慶を思わせます)どちらも道を譲らず、争いになり、その場ではリトルジョンが勝つものの、ロビンフッドの心意気に打たれたリトルジョンが仲間に加わる・・・というもの。もともとの名前は「ジョン・リトル」であったものが、その場で強い酒で洗礼をうけ、名前を変えて「リトル・ジョン」としたといいます。素晴らしい大男でありながらも「リトルジョン」なのは、そのような由来から。


このリトルジョンバニキンズも、同シリーズの他のウサギ、リチャード王やノッティンガムの代官よりは、少し大き目に作られています。ややぽっちゃりめのお顔も、力持ちを表現したかったのかもしれません。


伝説から飛び出した小さなウサギは、貴方の心強い補佐役として、棒を片手に護りにはいっております。是非お傍において、中世イングランドの歴史へ想いを馳せてみてはいかがでしょうか。



こちらからも画像をご確認いただけます。

同じシリーズのバニキンズとの大きさ比較画像はこちらからどうぞ。



◆England
◆Royal Doulton
◆製造年代:2000年
◆素材:陶器
◆サイズ:高さ約12cm
◆重量:104g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですが、欠けやヒビは見当たりません。
*底面にわずかに汚れがございます。詳細は画像にてご確認ください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton
  • 小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton

小さいけど大きい力持ちウサギ / Vintage Royal Doulton "LITTLE JOHN" BUNNYKINS 2000

122-180

8,800円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
10月1日(土)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム

**ご来場有難うございました**

10月23日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

11月6日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

11月23日(水・祝)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)


【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、16時には完全撤収が求められています。14時過ぎには撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。