小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder

オーストリアヴィンテージ、コールドペイントブロンズ猫。




この擬人化された猫は、「ヴィエナブロンズ」と呼ばれる着色されたブロンズ細工で、その精巧な作りと存在感ある佇まいは世界中の蒐集家を魅了しています。



ヴィエナ/Vienna は、オーストリアの首都の英語表記で、日本ではウィーン/Wien と言った方が馴染み深いかと思います。

19世紀前半、ドイツやオーストリアの市民による、日常や社会生活に新しい文化を発展させたビーダーマイヤーの時代を経て、ヴィエナブロンズは、19世紀の中頃から現在に至るまで作り続けられています。

ヴィエナブロンズは、高級品として高く評価され、展示や蒐集を目的とした貴族や富裕層に向けて販売されていました。サイズは、小さな1インチのミニチュアからテーブルランプやセンターピースと同じくらいの大きさまで様々です。モチーフは、漫画や風刺画を題材としたものや、実物そっくりにありのままの姿を詳細に表現したミニチュア化された人物や動物もあれば、エロティシズムを表現したもの、擬人化されたペットや森林動物なども多く、特に猫、カエル、犬の作品はウィーンの名物です。ヴィエナブロンズが創り出す世界観は、似顔絵、あざけり、風刺の喜びを慈しむビーダーマイヤー時代の宝物といってもよいでしょう。


コールドペイント・ヴィエナブロンズは、彫刻家の作った原型を忠実に再生できる鋳造金型を形作るアーティストによって直接設計されました。

1つのブロンズのフィギュアは、多くの場合、砂の鋳造/sand casting と呼ばれる方法によってパーツごとに鋳造され、それらを溶接して一体化、毛並みや顔立ち等を彫刻し、髭など細部まで手を加えて、画家に引き渡されます。

その一連のプロセスには、多大な労力と高度に熟練した職人の技術が必要とされ、特にコールドペイントによる着色作業は、重要な要素となる表面仕上げとなり、全てが手作業によって、テクスチャーが与えられ、細部に至るまでシャープに整えられます。コールドペイントは、当初は鉛ベースの塗料で行われていましたが、健康上のリスクがあるため、20世紀の変わり目には、油性顔料のエナメル塗料が使われています。



さて、今回ご紹介するヴィエナブロンズの猫。
黒い帽子にケープをかぶり、梯子を抱えて勇ましく仁王立ちしている猫・・・これは「煙突掃除人」を模しています。


ヨーロッパにおいては1200年頃から登場したといわれている煙突。始めは家に1つだけだった暖炉と煙突は、時代が過ぎるにしたがって多くなり、煙突も細く複雑化していきます。直角もしくは鋭角に曲がった煙道も多く、通風のために狭かったため、そこを掃除するにはかなりな危険が伴いました。煤は貴重品でありましたが、日常的に吸って触れていれば健康上に問題をきたすため、あらゆる意味で煙突掃除人は非常に危険な職業でありました。


そんな危険な仕事に従事している彼らは、一方で幸運のシンボルともされています。


ひとつの由来はサンタクロースにまつわるもの。

サンタクロースのモデルは「聖ニコラウス」。ニコラウスは、4世紀、小アジアのミュラという地で司教を務めたといわれており、貧しい人を哀れみ、善行を行っていたことで知られており死後、聖人としてあがめられるようになります。

聖ニコラウスにはこんな伝説があります。ある貧しい家の娘が、お金がないことで結婚できずにいるところを憐れんだニコラウスは、煙突から金貨を投げ入れます。そしてその金貨は、暖炉のところに吊るされていた靴下の中に落ち、娘はその金貨のおかげで、結婚式を挙げられたとか。これが暖炉につるす靴下の始まりであり、煙突は天の神様 地の神様を結ぶ架け橋とされました。そこを綺麗にする煙突掃除人は幸運のシンボルなった・・・というもの。

また一方で、あまりにも危険な仕事であったため、元気で(生きて)いる彼らを見かけること=幸運、と捉えられた、という説もございます。



そんな煙突掃除人をモチーフとし、擬人化した猫で表現された小さな芸術作品となります。



ベルトのバックルには「FB」の文字が見られます。これは「Fritz Burmann/フリッツバーマン」の意味。


1850年、創業者となるマティアス・ベルマン/Mathias Bermann が、ウィーン近郊のヘルナルス/Hernals に工場を設立。パイプ用の金属装飾の生産から始まって、ブロンズ製の動物の成形から色付けに移行しました。1837年の世界博覧会では、彼の作品にオーストリア政府から認識証明書が授与されています。

ウィーン美術工芸学院を卒業したフリッツ・ベルマン/Fritz Bermann が、1927年に事業を引き継ぎ、ウィーンの彫刻家やモデラーと協力し、独自のデザインによる数え切れないほどのモデルを制作しました。第二次世界大戦中、完全に破壊された家の地下室で、彼の多くのモデルは損傷を受けずに生き残り、再建後も経済危機などにめげず生産を続けました。

1967年、フリッツ・ベルマン他界後、彼の妻が引き継ぎ、その後数社を経て、1991年からアルフレッド・キルシュナー/Alfred KIRSCHNER が、
ベルマンが築き上げてきた伝統的な生産スタイルを尊重し、フリッツ・ベルマン社を所有・管理しています。



この煙突掃除猫は昔からあるモデルのひとつ。

製造年の刻印などはございませんが、販売していたアンティークディーラーによれば、恐らく1940年から1960年くらいのものであろうとのこと。多少のペイントの剥がれ、髭のオレ(髭はさわると痛いほどに硬いです)などございますが、勇ましい目つきも含めた堂々とした雰囲気は、それなりの歳月を経てきたもののように思います。



細部を表現する天才たちが手作業による魔法をかけ、優雅でグロテスク、そしてどこまでも魅惑的なブロンズ細工を生み出し、19世紀から20世紀初頭にかけて、世界中のブルジョアが蒐集に情熱を傾けた、ヴィエナブロンズ。その珠玉のひと品を、ヨーロッパ伝統の幸運のシンボルとしてお手元に置いてみる・・・。

彫刻好きな方、猫好きな方には最適のマスコットであると思うのですが、いかがでしょうか。




こちらからも画像をご確認いただけます。



◆Austria Vienna(Wien)
◆推定製造年代:c.1940-1960年代頃
◆素材:ブロンズ
◆サイズ:幅約4cm 奥行き約5.2cm 高さ約6.7cm
◆重量:66g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れ、変形や塗装の剥がれ等がみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*しっぽを上手く使ってしっかりと自立します。
*髭など鋭い箇所がございます。お子様のおもちゃとしてはお勧めできません。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder
  • 小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder

小さな猫の煙突掃除はいかが / Vintage Cold Painted Bronze Cat with Ladder

221-452

0円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
4月7日(日)

**ご来場有難うございました**

4月20-21日(土日)
谷中骨董市
(両日出店確定)
荒川区西日暮里3-10-1 延命院
9-16時
*20日は当店は15時頃から片づけます* 雨天中止


4月28日(日)
大江戸骨董市
(出店確定)
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止


5月12日(日)
大江戸骨董市
(出店確定)
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止


5月18日(土)
大江戸骨董市
(出店確定)
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止


5月19日(日)
Marunouch Antique Market
(出店確定)
丸の内仲通り
11-16時半
雨天中止


【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了時刻が16時ですが、当店は手持出店のため、終了時刻には全て片付けている状態の完全撤収が求められています。当店は細かい物が多く時間がかかるため、2時間前には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。