無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring

英国ヴィンテージ、ケルトモチーフのシルバーリング。



ケルトのデザインには代表的なものに「ケルティック・ノット/Celtic knot」があります。

日本語にすると「ケルトの組み紐文様」。多様な結び目やスタイルがあり、様々な意味が込められながら、古代ケルト人によって建築物のレリーフや装身具などに使われてきました。


今回ご紹介するリングは、そのケルティック・ノットが刻まれたひとしな。パターンとしては「QUATERNARY KNOT/クオーテナリー・ノット」(四要素からなるノット=永遠や無限を意味する)にやや近い連続文様となっています。


リングの材はスターリングシルバー。リングの内側には「925」の刻印とホールマークが刻まれています。ホールマークは極小で読み取りが難しいのですが、右端がバーミンガムのアセイオフィスの錨マーク、そして天秤マークの「コモンコントロールマーク」が判別できます。「コモンコントロールマーク」は1972年からの使用ですので、それ以降のお品物であるといえます。なお、「H」で始まるメーカーズマークのメーカーは特定することができませんでした。


重厚感がありながらも、リズミカルな連続文様が目に愉しいリング。

ケルトの歴史を感じさせる意匠がさらにこだわりを感じさせる、英国ヴィンテージアイテムです。



こちらからも画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:c.1970年代以降
◆素材:銀(シルバー925)
◆サイズ:約20.5号
◆重量:10g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物のため、小傷や汚れ、歪みや変色等がございます。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上お求めください。

  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring
  • 無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring

無限の連なりを感じる銀の指輪/ Vintage Sterling Silver Celtic Ring

222-135

0円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
5月12日(日)
大江戸骨董市

**ご来場有難うございました**

5月18日(土)
大江戸骨董市

**ご来場有難うございました**

5月19日(日)
Marunouch Antique Market

**ご来場有難うございました**

6月16日(日)
大江戸骨董市
(出店確定)
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止


【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は終了時刻が16時ですが、当店は手持出店のため、終了時刻には全て片付けている状態の完全撤収が求められています。当店は細かい物が多く時間がかかるため、2時間前には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。