ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)

英国アンティークのハットスタンド。




このようなスタンドは「Hat stand」もしくは「Wig Stand」といいます。
文字通り「ハット/帽子 スタンド」、もしくは「ウィッグ/カツラ スタンド」。



昔のヨーロッパでは貴族がウィッグをかぶることは当たり前に行われていました。
詳しくは時代によっても国によっても異なりましたが、例えば16世紀末のエリザベス1世は、ウィッグを80個も持っていたといいます。

本格的な流行は17世紀前半、フランスのルイ13世の時代から。髪の薄かったルイ13世は、23歳の時からウィッグを使い始め、これがまず宮廷へ拡がり、市民層にまで普及していきました。
それはもちろん英国へも広がり、社交には欠かせない物となったようです。
やがてフランス革命以降は華美な風習として敬遠されるようになり、20世紀になると男性はほとんどつけないようになりました。

ただ一方で、頑なに伝統を守り続けている場所もございます。
それが、英国の法廷。


ご存知の方も多いかとは思いますが、英国では現在もかつらは裁判官や法廷弁護士のための正式な法廷服装となっています。
しかも階級や業務によってデザインがちょっと違っているというこだわりよう。

メディアなどで法廷の様子がとりあげられているのを見ると、私たち日本人としては「本当にちょっとなにこれは?」・・・と思わずにはいられないような光景になっております。(すみません)

なお、このかつらは2008年から一部地方で民事裁判に限って廃止されておりますが、刑事裁判においては現在も必須アイテムです。



・・・話がそれました。
今回ご紹介するのは、つまり、そんなスタンド。

20世紀にはウィッグをつける人はだいぶ少ないので、ハットスタンドとご紹介させていただきます。
ただ、このようなスタンドを買い付ける時、多くの英国人ディーラーは「Wigg Stand....Hat Stand, both!」という感じで、ウィッグスタンドと言わずにはいられないような雰囲気を醸し出すのがお決まり。


材は家具材として高級素材であるマホガニー。
幾段にも変化をつけた凝った挽物細工の長い支柱に同心円状に挽いたベースをつけ、トップには帽子(ウィッグ)に優しい半球状の受けをつけて。
高さは約43cmとかなり高めなので、ウィッグスタンドであれば「フルボトムのウィッグ(長髪のかつら)」用だったと思われます。
現在でいえば、儀礼用の正装用、最上級のかつらです。

美しいシルエットをもつフォルムとマホガニーの古艶は、ハットスタンドとしても最高級の部類に入るのではないでしょうか。



背が高いので、他の低いスタンドと合わせれば、美しく格好よくハットディスプレイをお楽しみいただけます。
貴方のとっておきの帽子の指定席に最適な1点。


帽子好きな貴方に、是非お持ちいただきたい英国アンティークの逸品です。




こちらからも拡大画像をご確認いただけます。


◆England
◆推定製造年代:c.1890年代頃
◆素材:マホガニー材
◆サイズ:直径約12.3cm 高さ約43cm
◆重量:229g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*古いお品物ですので、一部に小傷や汚れがみられます。詳細は画像にてご確認ください。
*全体にぐらつきはなく、十分ご使用いただけると思います。
*分解はできません。
*画像の帽子や備品は付属しません。
*上記ご了承の上、お求めください。

  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)
  • ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)

ヴィクトリアンの洒落者の必需品 / Antique Victorian Hat Stand(Wig Stand)

619-275

48,000円(内税)

購入数

CONTENTS

出店カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
8月7日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム

**ご来場有難うございました**

8月21日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/1ブース)

9月11日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

9月25日(日)
大江戸骨董市
有楽町・東京国際フォーラム
9-16時
雨天中止
(出店確定/おそらく1ブース)

【ご注意】
(仮)は出店できないこともございます。出店決定しましたら(出店確定)に更新いたします。

(出店確定)となっても天候やその他の事情により骨董市自体が中止になったり早く終わる可能性がございます。その際はご容赦ください。

大江戸骨董市は開始が8:30とオフィシャルサイトに表記されていますが、9時かもしれません。8:30から9時くらいが開始時間かな、とおおまかにとらえてください。現実的には車出店者は既に8:30頃には準備が整っていることが多く、手持ち出店者は準備中のことが多いです。

大江戸骨董市は終了が16時ですが、当店は手持出店のため、16時には完全撤収が求められています。14:15頃には撤収を開始いたしますので、どうかご了承ください。大江戸骨董市はお早めのご来場をおすすめいたします。